« 「文部科学省行政文書ファイル管理システム」の実態情報公開請求についての決定への異議申立てが正式に棄却 »

Googleと共謀罪

2005/07/14

Permalink 04:29:31, by Nobuo Sakiyama Email , 11 words   Japanese (JP)
Categories: 著作権, 共謀罪

Googleと共謀罪

Googleが行っているGoogle Print Library Projectに対して、出版業界団体からの抗議が絶えない、というニュースが流れていた。Google Print Library Project では、著作権の切れていない出版物については、ごく一部の内容のみを閲覧者に見せる、という、図書館での紙の出版物の複写ルールと似たルールを設定することで著作権者に配慮しているようだが、そもそも大量の書籍全体のスキャナでのデジタル化を事前許可無しに行うこと自体が著作権を侵害していて、opt-out では問題は解決しない、と出版業界団体は見ているようだ。

さて、ここでまた共謀罪の話をしてみよう。共謀罪が導入された後、Googleでも別の会社でもいいのだが、同様の事業を日本でやる、と発表したらどうなるのだろう?デジタル化作業をまだ行っていない段階でも、その会社のなかの関係者に関して著作権侵害の共謀罪が成立しそうだ。しかも、「大量の無断複製」。その会社の知名度があまり高くなければ、会社そのものを海賊版業者のように扱う警察発表とそれをそのまま流す報道を前にして事業の中断どころか会社の存続も厳しいかもしれない。