« 契約者固有ID送信義務化規制なしに日本のインターネットが終了する可能性についてChild Online Protection Actは控訴審でも違憲無効を維持 »

EMnetとiPhoneの違いについて

2008/07/28

Permalink 23:52:50, by Nobuo Sakiyama Email , 17 words   Japanese (JP)
Categories: セキュリティ, プライバシー

EMnetとiPhoneの違いについて

高木さんからご批判いただいたようだけれども、私は「iPhoneがきっとそれを止めてくれる」という話をしているのではなくて、高々、可能性の話をしているだけ。

とりあえずの確認。契約者固有IDというのは「ケータイ」向けゲートウェイのサービスとしてくっついてくるだけのもので、高木さんが想定されるような「法規制としての契約者固有ID義務化」はケータイにおいても行われていない。オプトアウトできる。ただし、オプトアウトするとさまざまな「ケータイ向けサービス」が利用できない、というだけだ。

イー・モバイルのEMnetの場合、単にWebにアクセスできます、というところを越えたケータイ的なコンテンツサービスを受けられる環境をユーザーに提供するべきと、イー・モバイルが経営上の判断をし、それ以上のことは深く考えずにそうしたように見える。イー・モバイルの端末は、Windows Mobileだけれども、イー・モバイルのブランドがついた端末で、供給しているメーカーがイー・モバイルのやることをコントロールするわけではない。一方、iPhoneの場合、いくらソフトバンクモバイルが売るにしてもブランドはまぎれもなくAppleで、Appleが主導権を握って供給している。少なくとも現状は主要なコンテンツサービスはアプリ含めてAppleのそれであって、キャリアの色をつけたものではない。「Yahoo!ケータイがiPhoneでもご利用可能になりました!」という、キャリアがMobileMeなどと競合するようなポータルを提供する環境を、少なくとも現状のAppleが望むかといえば望まないのではないか(そこまで契約で縛ってあっても不思議はない)。

そして、私は単にiPhoneって少なくとも現状は携帯キャリアを土管化しているので、そういう人気端末が出たことはいいことですね、続くのがいっぱい出ると契約者固有IDをデフォルトあらゆるところに送信とかそういう非常識な事態が成り立たなくなるといいですね、という、ポジティブな可能性をあえて拾ったわけであって、ネガティブな話なら、高木さんが出した以上のものを考えていますよ(これは別記事に)。