« 「児童ポルノブロッキング」がどんな世界をつくろうとしているのか白日のもとに晒された日通信プラットフォーム研究会の問題は現行の契約者IDだけじゃないわけで »

ストビューが犯罪対策閣僚会議のネタになっている

2008/11/23

Permalink 15:49:36, by Nobuo Sakiyama Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: セキュリティ, プライバシー

ストビューが犯罪対策閣僚会議のネタになっている

犯罪対策閣僚会議というのがあって、そこが「犯罪に強い社会の実現のための新たな行動計画(仮称)」(案)に対する意見の募集というパブリックコメント募集をやっていて、これがわずか10日ほどの募集期間。共謀罪関係の項目があったりネットの表現規制に関係する項目があったりして一部で注目されつつ存在自体、広くは知られていない模様。まぁ、大半は現行の政策そのものをしっかりやります、ないしその延長という話でしかなかったりはするけれども。

ということで、読んでいたら最初のほうにGoogleストビュー問題の話がいきなり出ていた。「第1 身近な犯罪に強い社会の構築 - 2 犯罪に強いまちづくりの推進」の項目のひとつで、2ページ目のなかほど。

③ 道路周辺の映像を表示するサービスに係る防犯対策等の検討

実在する道路周辺の映像をインターネット上で立体的に表示するサービスについて、防犯上の問題点等を検討し、問題点がある場合は、対策について検討する。