Category: 情報社会

Pages: << 1 2 3 4 >>

2007/10/18

MIAU設立: インターネットを(未来の)みんなのものにするために

インターネット先進ユーザーの会(Movements for Internet Active Users : MIAU)が設立の運びとなりました。たいした仕事はしていないのですが、発起人の一人となっています。基本的な事項や詳しい話は、公式サイトやはてブのエントリを見て頂くとして、個人的な考えを。 名称について評判いまいちですが、ぶっちゃけこういうものを作るのは勢いが大事です。で、勢いで略称が先に提案されてみゃうみゃう萌えながら中身の議論していたところで、この英語名称を私が提案してこうなりました。 Mo… more »

2007/07/21

「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ」についてのパブリックコメント

要旨 1. コンテンツサービスの分類について、社会的機能・社会的影響力を直接の規律 の根拠とすることに、イノベーションの阻害要因になりえ、事業の予測可能性を 低下させるので反対する。品質保証された「伝達保証性」を保持する量によって 分類し、ベストエフォートのインターネット上のサービスは事業者の希望のある 場合を除き「公然通信」として放送的規律を適用しないようにするべき。 2. 公然コンテンツの内容規律にあたっては、違法コンテンツの中でも世界的に禁 止・規律強化の方向を一致して… more »

2007/07/17

「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ」についてのパブリックコメント草稿

「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会 中間取りまとめ」に対する意見募集の締切が迫っていて、これはかなり問題がある内容なので是非とも意見を送りたいのだが、結構大変なのでまだできてない。とりあえずとりかからないとできあがらないので、草稿というかメモを以下に書いてみる。パブリックコメントの形式にはまだ落としてない。 2「抜本的再編の方向性」の(3)でレイヤー型法体系への転換を唱っていること、それ自体はok。ただし、コンテンツ面で「社会的影響力に応じて」とあるところはツッコミどころ。後節の具体論の… more »

2006/04/03

Permalink 02:06:22, by Nobuo Sakiyama Email , 6 words   Japanese (JP)
Categories: 個人的なこと, 情報社会

CPSR日本支部の副会長になりました

正確な日付は知りません:-)が、 CPSR Compiler 2006年3月号でアナウンスされていたのでこれまたお伝えしておきますと、 CPSR日本支部のVice-president(副会長かな?)になりました。 日本支部役員のひとりだった伊藤穣一さんがCPSR本部の理事になったことや、 他にいろいろやっていてCPSR日本支部に積極的にコミットする状況でもなくなっていたので、 改選時期に手を挙げてこうなったということで。 現在、体調もそうよくないので、ゆるゆると支部会長の山根さんをサポート… more »
Permalink 01:54:01, by Nobuo Sakiyama Email , 12 words   Japanese (JP)
Categories: 個人的なこと, 情報社会

JCA-NETの理事を退任しました

このところ体調不良が続いてすっかりblog更新を御無沙汰していました。 ひとつ広くお知らせしておくべきことがあったので、ここに書いておきます。 2006年3月5日をもって、私はJCA-NETの理事を退任しました。同日開かれた総会における理事選挙において、立候補を取り下げたことによるものです。 事情を端的に言うと、私を含む前理事の大半は、前理事会の提案として JCA-NET というひとつの市民団体を1年程度の時間をかけて混乱を避けながら手仕舞いしていく方向で提案を行っていました。私は、起草した中心… more »

2005/11/27

Permalink 01:49:28, by Nobuo Sakiyama Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 情報社会

「情報通信政策研究会議」というのに行ってきた

先週の11月19日、20日と、情報通信政策研究会議(ICPC)という会合に行ってきました。非常にこじんまりとした手弁当な会合で、詳細は庄司昌彦さんとか前村昌紀さんのエントリを参照。2004年の準備会合と最初の会合、そして(途中、一回日帰り版のを欠席して)今回と参加してます。今回も興味深い内容が多くて良かった。 それでもって、参加者はなるべく発表する、という感じでやっているところなので、会議の参加者構成を考えるとどうかな、とは思ったのですが、とりあえず持ちネタということで 、先日の警視庁のフィルタリン… more »

2005/02/18

Permalink 05:07:35, by Nobuo Sakiyama Email , 3 words   Japanese (JP)
Categories: パブリックコメント, 情報社会

「ユビキタスネット社会憲章(案)」に対する意見(送付版)

「ユビキタスネット社会憲章(案)」に対する意見を、ドラフトを大幅改稿して送付した。 1. 総論的意見 「ユビキタスネット社会憲章」は、「ユビキタスネット社会の実現に向けた政 策懇談会」最終報告書の85ページ冒頭にあるように、「国家が理想として定め た大切な原則」として取りまとめられるものである。国家においてそのありか たを規定する最高法規は憲法である以上、憲章として定める内容は憲法の枠内 のものでなければならないと考える。しかるに、「ユビキタスネット社会憲章 (案)」は、国民一般… more »

2005/02/17

Permalink 03:08:00, by Nobuo Sakiyama Email , 1 words   Japanese (JP)
Categories: パブリックコメント, 情報社会

「ユビキタスネット社会憲章(案)」に対する意見(ドラフト)

以下、総務省の「ユビキタスネット社会憲章(案)」に対する意見(ドラフト)。送付は一日置いてからと考えている。〆切は2月18日17時。 「ユビキタスネット社会憲章(案)」については、まず、その位置付けについて大きな疑問があります。この憲章は「社会における基本原則や共通認識を総括した」ものとして提示され、国民の基本的人権に直接かかわる権利や義務をそのなかで規定するものとなっていますが、一方で、この文章は総務省の政策懇談会で作成されたものでしかなく、国会の議決を経るなどの予定はないと考えられます。しか… more »

<< 1 2 3 4 >>