Category: プライバシー

Pages: << 1 2 3 4 5 6 7 >>

2005/11/27

Permalink 14:57:37, by Nobuo Sakiyama Email , 14 words   Japanese (JP)
Categories: セキュリティ, プライバシー

子どもを誰でも簡単に追跡できるWifi ICタグ実験

10日ほど前になるが、 「ICタグで子どもの交通事故防止」という記事が出ていた(NTTデータのプレスリリース)。内容としては、以前の実験を発展させたもののようだ。 前回の実験では、300MHz帯のICタグが用いられていた。おそらくはTOHTOKUのMEGRASをベースにしたものだったと思われる。今度は2.4GHz帯802.11b無線LANということで、ICタグの写真からするとAeroScout社のものだ。 前回のシステムは、技術的には誰でも子どもを追跡できた、とはいえ、必要な機器を入手するのはそれ… more »

2005/02/23

Permalink 02:17:49, by Nobuo Sakiyama Email , 30 words   Japanese (JP)
Categories: セキュリティ, プライバシー

冗談だよね?NTTデータさん

2月21日付の読売新聞: http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050221i106.htm http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050221-00000106-yom-soci によれば、NTTデータが4月から7月にかけて横浜市立みたけ台小学校(青葉区)の児童約300人に 「ICタグから電波を常に発信する小型装置」を常時持たせて通学区域にリーダを 30箇所に設置して常時、個々の児童の位置をトレース… more »

2004/06/26

Permalink 01:27:00, by Nobuo Sakiyama Email , 2 words   Japanese (JP)
Categories: プライバシー, 情報社会

市民の敵としての高木浩光

さて、時間は相変わらずないのだが。 「表現の匿名性のために、存在の匿名性を人質にするようなもの」 と高木氏は述べ、「表現の匿名性」と「存在の匿名性」を区別することを重視し、そして前者をおとしめる。しかし、そもそも東浩紀氏が「存在の匿名性」について言及した文脈をみれば、なんとも酷い。 東氏は、私の理解するところでは「表現の匿名性」について重要であり、保護されるべきものだと考えている。が、それが少なくとも日本のなかでは社会の公式的な立場として受容されるものにならないという状況においてアイロニーを… more »

2004/06/23

Permalink 03:06:39, by Nobuo Sakiyama Email , 110 words   Japanese (JP)
Categories: プライバシー, 検閲

( ゜Д゜)ポカーン

高木氏曰く、 CPSRとは、「Computer Professional for Social Responsibility」すなわち「社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会」だという。CPSR本部の活動の内容やこれまでの歴史を詳しく知らないのだが、名前から感じられるところからは、(非限定的自由を優先するといった価値判断を含まずに)コンピュータ専門家として社会的責任の観点から、非専門家の気付かない部分の情報を提供していく団体のように私には見える。というか、そのように期待している。 ( ゜Д゜)ポ… more »

2004/06/16

Permalink 01:08:56, by Nobuo Sakiyama Email , 14 words   Japanese (JP)
Categories: プライバシー, 検閲

ディスる

信頼ゲームにおける勝ち残り戦略として、利害をある程度共有していそうだと判断する人物へのささいなことでの批判は差し控える、という曖昧な態度はやはり誤りであったという態度表明、という意味での決別を行ったからには今後は徹底した態度をとりたい。 さて、やはりろくでもない。 Winnyについての 技術的には画期的な要素はない。 という高木氏の評価は、一面において誤りではないが、それはTanenbaum教授がLinuxについて低く評価するが如し、であろう。いわゆる「高い評価」は要素技術に対するものでは… more »

2004/05/18

Permalink 03:00:00, by Nobuo Sakiyama Email , 46 words   Japanese (JP)
Categories: プライバシー

Winnyの存亡より匿名性の存亡が心配だ

Winnyの作者が逮捕された件については、すでに大きな話題となっているところ。彼が刑事罰を受けるべきことをしたかというと、私はそれは違うと思っており、不起訴や無罪をかちとる方向で支援する活動については支持したい。ただ、直接何ができるわけでもないので、当分はCPSR日本支部会員でもある新井さんのサイトの情報を眺めているというところ。弁護団が結成され状況がクリアになりつつあるので遅ればせながらそろそろ寄付しようか。 それはそれとして、今回の件の社会的な問題についてここでは考えてみたい。実のところ、山形浩… more »

2004/03/17

Permalink 04:04:52, by Nobuo Sakiyama Email , 11 words   Japanese (JP)
Categories: 政治, セキュリティ, プライバシー

衆議院外務委員会委員長および民主党の理事の方々へのメール

サイバー犯罪条約の審議が衆議院で始まってしまった。実質的な審議がほとんど行われることなく採決されるという最悪の状況になる可能性が高い。 無駄かもしれないが、最大野党である民主党の外務委員会委員長および委員会理事の公表されているメールアドレスにメールを送ってみた。 なお、サイバー犯罪条約については 以前もこのblogでふれているが、送付した内容は簡単に絞り込んだ。 3月19日追記: 採決は当初24日の予定だったが3月18日の質疑後の理事懇談会において26日の採決が確認されたとのこと。2日延ばすの… more »

2004/02/07

Permalink 15:15:00, by Nobuo Sakiyama Email , 4 words   Japanese (JP)
Categories: セキュリティ, プライバシー

officeさんことK氏が逮捕されたことについて

最近多忙につきあまり対応できていないのですが、officeさんことK氏が逮捕されたことについてひとことだけ書いておきます。 まず、彼がイベントAD2003においての発表に関係して倫理的に(これは彼の本職上の職業倫理と、エンドユーザ保護にかかわる部分で事業者に対しコンピュータセキュリティを啓発する者としての倫理、との両方です)重大な問題を含む行動をとったことは事実であるにせよ、それと彼の行動が刑事犯罪として裁かれ法的制裁を受けるべきものであるかどうかは全く別の問題であり、私は彼の行動が違法であったとす… more »

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>