Category: 検閲

Pages: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>

2008/03/01

Permalink 23:31:39, by Nobuo Sakiyama Email , 3 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 児童ポルノ問題

インターネット・ホットラインセンター通報後の一例

2007年12月24日 画像検索で対象サイトを発見。児童ポルノDVD販売サイト。各タイトルにスクリーンショット画像サムネイルがありこれが児童ポルノ公然陳列に該当。児童かどうかの明白性においては、明白な画像が多数。国内のサーバー(これ以上のサイト特定に資する情報の公開はまずいと思うのでしない)。 同日 上記サイトを含めて10サイトほどインターネット・ホットラインセンターへ通報。通報後に表示される「参照番号」は上記サイトの分は1198478189-1054。 2008年2月22日 「2008年1月1… more »

2008/02/18

Permalink 23:54:42, by Nobuo Sakiyama Email , 20 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲

やはりフィルタリングは差別と偏見を助長するなぁ

INTERNET Watchにフィルタリングの必要性、同性愛サイトやプロフなどで親子に意識差という記事があった。IMJモバイルによる意識調査の内容。IMJモバイルの発表タイトルでは「同性愛」は落としてあるのだが、調査結果の内容から拾えばそういうタイトルになる。IMJの分析は「親子の意識差」に焦点を当てているのだけれども、絶対値でみても同性愛を規制が必要と考える親は87.8%と、かなり高い値となっている。ほぼ同水準がギャンブル(87.9%)で、成人娯楽、グラビア、グロテスク、オカルト、宗教といったあたり… more »

2008/02/17

Permalink 18:27:51, by Nobuo Sakiyama Email , 17 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 児童ポルノ問題

フィンランドのネット検閲の件について補足

直前の記事についてはいろいろと前提について補足すべきことがあるのだけど、追記しすぎるのもなんなので改めて。 Wikipedia の Lapsiporno.info の項目に出典付きで書いてあるのだけれども、問題のフィルタリングを根拠づける法律にはフィンランド国内の大学の法学部から違憲の疑いがあるという声明が出ていた(が、可決され施行された)。加えて、Lapsiporno.info はそもそもフィンランド国内にサーバーを置くサイトなので、本来、法的には「国外の児童ポルノを置くサイト」を対象にしたはずの… more »

2008/02/15

Permalink 05:25:24, by Nobuo Sakiyama Email , 107 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 児童ポルノ問題

中国の国家フィルタリングを他所の国のことと思えるのは今のうちだけかもしれない

日本の携帯フィルタリング騒動の一方で、世界的には各国家のレベルでユーザーの選択なくフィルタリングをかけるアプローチが強まっているようだ。 日本ではあまり注目されていないが、このほど終了した Mobile World Congress2008で、GSM Association が GSMA Launches Mobile Alliance Against Child Sexual Abuseというプレスリリースを発表し、一時間ほどの記者会見を行っている。日本での報道は、今のところ ITproのサ… more »

2008/02/07

Permalink 04:39:09, by Nobuo Sakiyama Email , 5 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 言論・表現の自由

セルフレイティング強制法案が提案されているんだけど

民主党から高井私案としてセルフレイティング強制法案が提案されているのだけども、どうしてこうなっちゃうのかなぁ、と思う。自主規制推進のプレッシャーをかけるためだけに存在して本気でやる気がないのならまだ許容範囲だけれども。「有害情報」を定義するのに「著しく」をつければ明確といえるのか、というのについての批判も当然私以外から出ているし、今後たくさん出てくると思うのだが、もっと根本的なところで違うよなぁ、と思う。 ised@glocomでの議論をふまえていうと、情報社会は、モデルとしては、メタユートピアとし… more »
Permalink 03:57:49, by Nobuo Sakiyama Email , 24 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 言論・表現の自由

フィルタリングソフトなんてろくでもないことは世界的には常識

直前のエントリにややお怒りのトラックバックを頂いたんだが、率直にいって blogosphere 的に私のブログに文字通りの少年少女諸君が大勢辿り着くとも思っていないわけで、携帯電話キャリアの中の人のほうが先に見ていたりするらしいのが実際のところです。そもそも、フィルタリングなしのWeb閲覧にリスクが大きいとも思っていないし、少ないリスクをフィルタリングで除去できるかというとそんなものでもないという考えで書いています。jigブラウザFREEって基本的に一日10ページまでらしいし。 さて、実際に携帯フィ… more »

2008/02/05

Permalink 03:49:41, by Nobuo Sakiyama Email , 7 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲

携帯フィルタリングでお嘆きの少年少女諸君へ

とりあえず、jigブラウザFREEというPCサイトブラウザを試してみるというのはどうか。iモードフィルタなどのブラックリストサービスだったら、必要なサイトにアクセスできるかもしれない。PCサイトブラウザなので、モバゲータウンにはアクセスできないけれども、魔法のiらんどや前略プロフなら、いけるかもしれない。これなら、とりあえず無料。jigには、より高機能なブラウザや、アプリの動かない機種を含めた幅広い機種で使える、携帯電話のブラウザを利用したサービスもあるけれども、いずれも有料なので、とりあえず無料で試… more »

2008/02/04

Permalink 04:19:13, by Nobuo Sakiyama Email , 27 words   Japanese (JP)
Categories: 検閲, 言論・表現の自由

なぜセルフレイティングは日本で普及しなかったのか

ICPC緊急シンポを受けて、楠さんがいろいろ書いている。 全体についてもぼちぼち考えていきたいところではあるのだが、その前にひとつ、 PICSベースのセルフレイティングが日本で普及しなかった点について。 ことここに至ると、コンテンツ事業者側の対応がほとんど無かった点について、 今からでも取り入れる方向で提案していく、というのは、それはそれで重要なのだが、 何故普及しなかったかについては、やはりちゃんと把握しておいたほうがいいと思うので。 PICSやP3Pは普及しなかったじゃないかという… more »

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>