Category: 人々

2004/06/19

Permalink 03:36:08, by Nobuo Sakiyama Email , 12 words   Japanese (JP)
Categories: 人々, 個人的なこと

印象操作を好む人物への対策が欲しい

1998年ごろあったジョーク団体の「日本イソターネット協会」で、崎山氏が協会の名前を使って講演したり書いたりしはじめて主宰者が困りだしたときに、聞き分けのないことを言って場が凍ったときに、「いい加減にしろ」という趣旨のことを言って一喝した などと高木氏は述べているのだが、さて全く記憶にない。 高木氏の日記を参照しているいくつかのサイトをみると、私が大昔から個人的怨恨を高木氏に抱いているかのような誤解が広がっており、なるほど高木氏の印象操作による私への評価低下策は成功しているようである。記憶にな… more »

2004/06/15

Permalink 02:35:06, by Nobuo Sakiyama Email , 29 words   Japanese (JP)
Categories: 人々, 情報社会

決別

高木さん、もう不誠実さへの憤りとか通り越して、哀れですよ。 話はすべて程度問題である。不可能にする必要はない。使い勝手が悪ければ十分。ファイルサイズに上限があれば、分割して流さざるを得なくなり、受け手がある程度限定される。 高木さん、多くのGUIベースのMUAで、複数のメッセージのテキストからバイナリを自動抽出・結合して画像等として表示するという機能が実装されていたり、あるいは逆にそのような形でメッセージを送出する機能があるということをあなたが知らないはずがない。匿名テキスト限定情報流通システ… more »

2004/03/06

Permalink 06:56:52, by Nobuo Sakiyama Email , 3 words   Japanese (JP)
Categories: 人々

このけがらわしいものを踏みくだけ!

前回の続き。どうやら私はどうしようもない屑を相手にしてしまったようだ。 屑曰く、 少なくとも私は希望して会社員になりました。 嫌々、やっているわけではありません。 会社に脅されているわけでもありません。 それと、勤務以外のことでどのような態度をとるかは全く関係ないこと。企業は利潤をあげることについて出資者に対する(有限会社や株式会社なら有限の)責任があり、一方で法令上の義務や(場合によっては)社会的な責務を果たさなければならないという枠のなかで事業活動を行う。一方、労働者(とあえ… more »

2003/10/10

Permalink 04:20:00, by Nobuo Sakiyama Email , 31 words   Japanese (JP)
Categories: 政治, 人々, セキュリティ

知性をもたない「上席研究員」を抱える研究所の不幸

RIETIコラム「インターネット投票が民主主義を変える」にはあきれかえった。 いくら「執筆者個人の責任で発表するもの」であると注記されているとはいえ、このコラムは執筆者のアカウントで投稿したものがそのまま載る場には思われない。ノーチェックでこれほどまでにまっとうな常識と知性を欠いた文章がシンクタンクの公式サイトのコラムに載ってしまうとは。RIETIという組織も不幸だなぁ、と思う。 電子投票や、インターネット投票といったシステムには、コンピュータとネットワークを利用することについての固有の技術的… more »

2003/09/10

Permalink 01:25:00, by Nobuo Sakiyama Email , 16 words   Japanese (JP)
Categories: 人々, プライバシー

池田信夫という問題

2006年7月29日追記: 以下の内容は3年ほど前の情報です。その後池田氏の状況にもいろいろ変化があり、また扱うテーマにも変化があります。また、具体的な内容でもあきらかに質は向上しています。例えば、今年はじめに刊行された新潮新書「電波利権」は、ネット関係の内容や純粋に技術的な話題については相変わらず隙が多い本であるものの、主要な内容についていえば、そうした欠点が問題にならないほど素晴らしい内容になっています。以上、最近、beyond さんのブログやサイト経由でアクセスする方が多い状況があるため、公平な… more »

2003/08/27

Permalink 02:44:27, by Nobuo Sakiyama Email , 4 words   Japanese (JP)
Categories: 人々, プライバシー, 住基ネット

続: 高木さんの住民票コードに関する議論

この記事の直前の高木さんの住民票コードに関する議論について、高木さんの反応がまだみられないが2ちゃんねるで反応があったので補足。 なるほど、住民票コードは変更できる。 でも、変更履歴は検索できるので「変更できること」の利益が限定されていることは高木さんも述べている。 「固定ID」ストーリーに関係して「コード漏洩」ケースで問題になるであろう、 民間データと行政データのマッチングのような事態では、コードを変更したところで、内通者を想定すれば無力だ。 また、住民票コードは本人が無自覚のうちに行政2… more »

2003/08/26

Permalink 03:40:28, by Nobuo Sakiyama Email , 11 words   Japanese (JP)
Categories: 人々, プライバシー, 住基ネット

高木さんの住民票コードに関する議論

高木浩光さんが、最近さかんにプライバシーと技術(というよりそれを扱う人、であろうが)の関係の問題を問うている。高木さんの問題提起はそれはそれでとても重要だし、それをすでに提起している高木さんの努力には敬意を表しつつ、しかし高木さんが問題にしない部分について、私としては問題を感じてしまうので、これについて述べてみたい(というか、そういうの(高木さん相手に限ったことではない)を自分の管理下にないメーリングリストやBBSで話題にし続けるというのも、いいかげんどうかと思う部分もある、というのが、このBlogを… more »